りんごを食べるときはりんごの皮ごと食べています

場合によっては皮ごとジャムにすることもあります

皮ごと食べた方が栄養豊富だということを知りましたりんごの皮をそのまま食べる事でポリフェノールと食物繊維が得られる場合によっては皮ごとジャムにすることもあります

そして場合によっては皮ごとジャムにすることもあります。
りんごの皮にはペクチンが含まれていて、このペクチンはジャムを固める際に必要なものだそうです。
確かにりんごを皮ごとジャムにすると、本当によく固まるのが分かります。
私が作っているジャムはたったの3分でできるのでとても簡単です。
これをトーストに塗ったりホットケーキに乗せるなどして食べると本当においしいです。
そして場合によっては焼きりんごや煮りんごなどを作ることもあります。
この場合にも皮ごと美味しく食べることが可能であり、ポリフェノールや食物繊維などもしっかりと摂取することが可能です。
ポリフェノールは熱に非常に強い栄養素だということで、また食物繊維に関しても熱を加えてもそれほど変わることはありません。
どちらの成分も水溶性である為、煮て作る場合には汁ごと食べるようにしています。
りんごは皮ごと食べることでこんなにもメリットがたくさんあることがわかります。
様々なものに加工することもできるので、美味しい果物のひとつとして、を多くの人に味わってほしいと感じます。
特に生のりんごを輪切りにして食べる方法は変わった方法かもしれませんが、とても食べやすいのでおすすめです。

りんごの皮 / 林檎の皮だけ砂糖煮ヨーグルトやお菓子作りにレシピ・作り方